Listone Giordano - Natural Genius

世界のトップデザイナーとのコラボレーション。先鋭イタリアンモダン。

フローリングの常識の再構築、そして最上級のコンテンポラリー。
誰も疑わなかったフローリングのあり方に、イタリアンデザインの粋を集めて革新を起こしたシリーズです。
コンテンポラリーだけどオーセンティック。年月を積み重ねた木の表情への愛情が、革新のなかにも、正統を浮き彫りにします。

Medocメドック

Medocは木の幹が空に向かって伸び、梢が徐々に細くなっていく自然の普遍的な成り立ちからデザインのインスピレーションを得ています。2つのピースを組み合わせることによって長方形となり、空間に端正なリズム感を生み出します。
表面は、深みをもった古材から着想した伝統的な鋸目の加工を施しており、明かりや角度によって印象深い陰影を生みます。

  • Medoc(メドック)の施工例 ERICE1312

    ERICE1312

  • Medoc(メドック)の施工例 BAGNOVIGNONI1262

    BAGNOVIGNONI1262

  • Medoc(メドック)の施工例 BAGNOVIGNONI1262

    BAGNOVIGNONI1262

  • Medoc(メドック)の施工例 PIENZA1405

    PIENZA1405

  • Medoc(メドック)の施工例 ERICE1312

    ERICE1312

  • Medoc(メドック)の施工例 BAGNOVIGNONI1262

    BAGNOVIGNONI1262

zoom

Michele De Lucchi + Philippe Nigroミケーレ・デ・ルッキ + フィリップ・ニグロ

イタリアの世界的建築家。フィレンツェの大学で建築を学んだ後、1980年に歴史的デザイングループ「メンフィス」を設立した、ポスト・モダニズムを代表するデザイナーとして知られています。1984年、ミラノに自身のスタジオを設立、建築・インテリア・グラフィック・照明・プロダクトデザインなど幅広いプロジェクトに携わっています。ミラノ工科大学の教授を勤めており、著名な建築・デザイン誌「ドムス(DOMUS)」の「2018-2028世界的のデザイナー編集プロジェクト」初代編集長も務めました。歴史と権威あるコンパッソ・ドーロを2度受賞しており、イタリアデザイン界を代表する一人として国際的に活躍しています。

INSTALLTION PATTERNS

SLIDEスライド

Slideのモジュールは、数学的な黄金比に基づいたバランスでデザインされ、ランダムな動きのある全景を生成する意図をもって設計されています。幾何学の概念に基づいたクオリティの高いモチーフが組み合わされることで、フォルムそのものがユニークなデザインを生み出していきます。
クラシカルな寄木細工床のイメージにとらわれず、フローリングを先鋭的なアートデザインへと進化させたいという想いから生まれました。

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

  • SLIDE(スライド)の施工例 Oak Tortora

    Oak Tortora

zoom

Daniele Lagoダニエーレ・ラーゴ

1972年アジアーゴ生まれ。パドバのイタリアンスクールオブデザイン卒。家業は家具メーカー LAGO。幼いときから正統的なデザインに触れ、彼のデザイナーとしての資質を育てました。ダニエーレがデザイナーとして参画してからは、正統的家具づくりのノウハウを活かして、先進的なスタイルの家具づくりをおこなっています。ダニエーレ・ラーゴは現在アートディレクターでありCEOであり、LAGO の全製品をデザインしています。彼のデザインは、先進的でありながら、ライフスタイルの本質にもとづく、それ自体で完結する厳格な美しさを持っています。

INSTALLTION PATTERNS

BISCUITビスクイ

軽く焼き色の入った生地感を表現したカラー、ピースの微かな丸み― 手作りビスケット(ビスクイ)への想いをデザインとして形にしたのはパトリシア・ウルキオラならではの感性。
布地の織りをモチーフにして、上質なオーク材を贅沢に使い、木を編み込んだかのようなフェミニンで柔らかいデザインに仕上げています。

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no2<

    CIVITA1695 biscuit no2

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no5 large

    CIVITA1695 biscuit no5 large

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no5 large

    CIVITA1695 biscuit no5 large

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no5 large

    CIVITA1695 biscuit no5 large

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no1

    CIVITA1695 biscuit no1

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no1

    CIVITA1695 biscuit no1

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no2

    CIVITA1695 biscuit no2

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no3

    CIVITA1695 biscuit no3

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no4

    CIVITA1695 biscuit no4

  • BISCUIT(ビスクイ)の施工例 CIVITA1695 biscuit no

    CIVITA1695 biscuit no4

zoom

Patricia Urquiolaパトリシア・ウルキオーラ

1961年スペインのオビエド生まれ。マドリッドとミラノの工科大学で建築を学び、アキッレ・カスティリオーニとエウジェーニオ・ベッティネッリのアシスタント講師を務めた後、DePadovaで商品開発責任者として、ヴィーコ・マジストレッティとともに開発をおこないました。2001年に自身の事務所を開き、イタリアをはじめ、世界のトップブランドの家具やインテリアエレメンツのデザインをおこなっています。数々の賞を受けるとともに、Wallpaper や Elle Decor などの数々のデザインマガジンから「デザイナーオブザイヤー」の称号を受けています。

INSTALLTION PATTERNS

Quadroneクアドローネ

Quadroneは、製造工程で出る端材をクリエイティブな視点から捉え、デザインプロダクツとして再生することをコンセプトとして開発されました。
細い幅の端材を異なるアングルで一つの方形のモジュールに納めたダイナミックなデザイン。直角に交わるピースは、光のあたる方向によって思いがけない表情をつくり、縦と横、細幅と大きな方形、それぞれのパターンが空間に躍動的な動きを生み出します。

  • Quadrone(クアドローネ)の施工例 TEK ANTICO

    TEK ANTICO

  • Quadrone(クアドローネ)の施工例 TEK ANTICO

    TEK ANTICO

  • Quadrone(クアドローネ)の施工例 TEK ANTICO

    TEK ANTICO

  • Quadrone(クアドローネ)の施工例 TEK ANTICO

    TEK ANTICO

  • Quadrone(クアドローネ)の施工例 TEK ANTICO

    TEK ANTICO

zoom

Michele De Lucchi + Philippe Nigroミケーレ・デ・ルッキ + フィリップ・ニグロ

イタリアの世界的建築家。フィレンツェの大学で建築を学んだ後、1980年に歴史的デザイングループ「メンフィス」を設立した、ポスト・モダニズムを代表するデザイナーとして知られています。1984年、ミラノに自身のスタジオを設立、建築・インテリア・グラフィック・照明・プロダクトデザインなど幅広いプロジェクトに携わっています。ミラノ工科大学の教授を勤めており、著名な建築・デザイン誌「ドムス(DOMUS)」の「2018-2028世界的のデザイナー編集プロジェクト」初代編集長も務めました。歴史と権威あるコンパッソ・ドーロを2度受賞しており、イタリアデザイン界を代表する一人として国際的に活躍しています。

INSTALLTION PATTERNS

Foxtrotフォックストロット

Foxtrotは、ピエト・モンドリアンが描いたグリッド・スタイルを再解釈して、クラシカルな要素を残しながらも、現代的なミニマリズムを追求しています。画角を動かすだけで、さまざまな新しい形を生み出す幾何学的パターンが見つかります。
緻密に設計したデザインを慎重に崩すことで、フローリングを古典的なフォーマットから解放しています。

  • Foxtrot(フォックストロット)の施工例 Oak montblanc

    Oak montblanc

  • Foxtrot(フォックストロット)の施工例 Oak montblanc

    Oak montblanc

  • Foxtrot(フォックストロット)の施工例 Oak montblanc

    Oak montblanc

  • Foxtrot(フォックストロット)の施工例 Oak montblanc

    Oak montblanc

  • Foxtrot(フォックストロット)の施工例 Oak montblanc

    Oak montblanc

zoom

Matteo Nunziatiマッテオ・ヌンツィアーティ

2000年、ミラノに Studio Nunziatiを設立。家具、照明、インテリア用品のトップブランドの仕事を通じ、建築やインテリアデザインに能力を発揮していきます。高級ホテルやスパ、邸宅などの仕事が評価され、2011シカゴグッドデザインアワード、2011Wallpaperデザインアワード、 2013シティスケープアワードなどを受賞しています。世界各国のプロジェクトをこなすと同時に、2004年以降大学で教鞭をとっています。2006年には北京で開かれた「50+2yItalian design」展にも世界的デザイナーとして選ばれました。

INSTALLTION PATTERNS

Vibrazioniヴィブラツィォーニ

ボードの端を3°カットした幾何学的なピースが作り出す躍動的なデザイン。オークの木目、鋸目のもたらす陰影と、ランダムな3色のグレーカラーは、ダイナミズム、コントラスト、スピードの3つの感覚を生み、空間にモノトーンの力強い視覚効果をもたらします。

  • Vibrazioni(ヴィブラツィォーニ)の施工例 SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

    SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

  • Vibrazioni(ヴィブラツィォーニ)の施工例 SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

    SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

  • Vibrazioni(ヴィブラツィォーニ)の施工例 SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

    SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

  • Vibrazioni(ヴィブラツィォーニ)の施工例 SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

    SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

  • Vibrazioni(ヴィブラツィォーニ)の施工例 SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

    SanGimignani1311, Montalcino1118, BagnoVignoni1262

zoom

Marco Tortoioli Ricciマルコ・トルトイオーリ・リッチ

1964年ペルージャ生まれ。1987年ウルビーノのISIAアートスクール卒。ペーザロのStudio Dolcini Associatiでアートディレクターを務めた後、1992年にペルージャにて、CIとブランディングをおこなうBcpt Associati Studioを設立。2003年にCo.Mo.Do cooperative を設立し、エシカルコミュニケーションやソーシャルイノベーション、ビジュアルコミュニケーションの事業をおこなっています。AIAP(イタリアビジュアルコミュニケーションデザイン協会)、AD(Iイタリア工業デザイン協会)のアドバイザーを歴任しています。

INSTALLTION PATTERNS

Fabriqueファブリーク

Fabriqueは、技術の革新によって、新しい時代とライフスタイルを生み出した産業革命を想起させる「工場」という名前のコレクションです。
バーチ・プライウッドの積層面のストライプを縦糸に、直行するスリットを横糸に見立て、テキスタイルのように仕上げています。

Marc Sadlerマーク・サドラー

マーク・サドラーは、オーストリア出身のイタリア・ミラノ在住のデザイナー。1968年パリの名門校、国立高等装飾美術学校(E.N.S.A.D.)を卒業。同年パリデザインセンターのメンバーに選ばれ、フランス有力企業のデザインに携わります。
70年代、自身がスキーで足を骨折した際の経験をもとにした、足首を固定することで怪我のリスクを軽減するスキーブーツのデザイン開発で一躍脚光を浴びました。Reebok、Nike、Puma、Adidas、lottoを始めとする有名スポーツメーカーとのプロジェクトを多く手掛けました。
その後、Daineseと Ellesseのコレクションの成功によりマーク・サドラーはもっともイノベーティブなスポーツシューズデザイナーとして知られるようになりました。
さらに活躍の場をインテリアにも拡げ、カッシーナ、フロス、カルテル、グッチーニなどのハイエンドブランドでも作品を発表。2002年にコンパッソ・ドーロ賞を受賞しています。

Regolaレゴラ

抽象芸術における本質の追求にインスパイアされ、純粋な幾何学的完璧さを追求して導かれたデザインが、ノスタルジックなニューヨークの街路を彷彿とさせます。
余計なものをすべて取り除いた後に残るのは、バランスのとれたグリッドと、生命が流れるような線と背景が描くエレガントなリズムです。

  • Regola(レゴラ)の施工例

Matteo Thunマッテオ・トゥン

ミラノを拠点とする建築家兼デザイナー。オスカー・ココシュカのもとザルツブルグ・アカデミーで学び、フィレンツェで建築の学位を取得しました。1978年にEttore Sottsassと出会い、共にデザイングループメンフィスを設立しました。
1984年にはミラノで自身のスタジを設立し、マスタープランニングから大型プロジェクトに携わっています。1990~ 93年にはSwatchのクリエイティブディレクターを務めました。優れたデザイン性が評価され、権威あるコンパッソ・ドーロを4回受賞しています。現在はミラノと上海に拠点を持ち、イタリアのクリエイティビティを活かした多文化建築デザインをアジアを始め世界中で展開しています。

scroll up